NCA広報マーケティング部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

戦いはこれから!

久しぶりの更新です。

札幌で行われておりましたソチオリンピック日本代表決定戦が終了いたしました。

スポーツニュース等でご承知の通り、女子は北海道銀行中部電力に、男子は
SC軽井沢クラブチーム札幌にそれぞれ勝利し、12月にドイツ・フュッセンで
行われる世界最終予選に出場します。

長野県、そして中部地区を代表して出場した
中部電力SC軽井沢クラブの両チーム。

本命とされていた中部電力は予選から苦しい戦いが続き、もう後が無い
崖っぷちから道銀、LS北見(タイブレーク)に勝利して、決定戦もこのまま
波に乗るかと思われたのですが…
あと少しのところで勝利の女神は中電には微笑んでくれませんでした。

長野でカーリングに携わってる私たちNCAスタッフとしては、やはり両チーム
にその切符を持ち帰ってもらえることを期待していたのですが、女子はまたしても
厚い壁に阻まれてしまいました。

彼女たちの直近の願いが叶わないのは残念ではありますが、結成から4年
余りにわたり日本のカーリング界の第一線で実績を残してきた偉業と、
そのために日夜絶え間ない練習を続けてきた彼女たちの肉体的・精神的な
成長ぶりは称賛に値すると思います。

まだ20代前半の中電の選手たち。
今は様々な思いがよぎってるかもしれませんが、この悔しさをバネに
ソチの次、、韓国のピョンチャン五輪へ向けての再始動を切り、
そして4年後はより一層成長を遂げて念願の切符を手にしてくれるものと
願ってやみません。

そして男子のSC軽井沢クラブは、あの長野大会以来の五輪出場へ一歩
前進しました。

この春の世界選手権では優勝候補のカナダ、スウェーデンを破り、世界との
距離を縮めた感のあるこのチーム。
予選ラウンドから危なげない展開での6連勝。そして札幌との決定戦も
第2試合こそ苦戦を強いられたものの、第1、第3試合はこのチームの
持ち味である力強いショットとスイーピングで突き放し、見事ソチへの
1枚目の切符を手にしました。

国内では向かうところ敵無しの戦いっぷりで勝ち上がったSC軽井沢ですが、
さすがに世界のレベルを経験してるだけに選手たちのコメントも皆、
「これよりさらに高いレベルのパフォーマンスをしたい」「男子チームの
存在もアピールしたい」と、さらなる高みへ向かっていく意欲満々の
ものでしたね。

是非ともフュッセンではそのポテンシャルを存分に発揮して、もう1枚の
本当に欲しかった切符を獲ってきて欲しいと思います。

もちろん女子代表の北海道銀行チームにも、今回涙をのんだ中電、
LS北見、札幌国際大、そして全国の女性カーラーやファンの夢を託して、
2枚目の切符をもぎ取ってきてもらいたいです。

この最終予選の模様は、今大会同様NHK-BSで放送されるようですので、
カーリングファンのみならず日本の五輪出場を願うすべての人達に
応援していただきたいですね!

頑張れ!SC軽井沢!!頑張れ!北海道銀行!!
頑張れ!ニッポン!!

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/09/18(水) |
  2. お知らせ

FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。